2009年07月29日

神様へ

神様。あなたが私を選んでくださり
また憐れんでなすべきことを与えてくださった事を
知っております。ですが
そのあなたと手を握ったまま下を向いて
泣くことしかできぬ私をお許しください。

カメラを構えてシャッターを押す、ただそれだけであったことが
その一瞬の行為の積み重ねを通して
見つめることは愛することだと
待つことは祈ることだと教えていただきました。

過ぎ去る時の中、その一瞬を掴むために
捧げ尽くして無になるまでそなえることが必要なこと
縦横が直角に交わるそこに
あなたわたしと対象が重なる一点が出現すること
それを、教えていただきました。

書くことも同じであります。
撮る事、書く事を通して、何を伝えたかったのか
それはただ、あなたが触れた者たちの輝き
あなたが見たい、そして見せたい、その姿を
地上に留めたい。それだけでした。

それなのに、私の霊の姿は
カメラを床に落として壊し、ペンを折ってしまいました。
…いつからか、人の評価を得たいと思ってしまっていたのでしょうか

神様。見る人に喜んでほしいと思ってはきましたが
何よりも、あなたと私の約束を、守りたいのです。
けれど、手も足も、何より心が、動きません。
動きません。動きません。

できない、と、言うより先に、私に望むあなたを感じるので
神様、私も、自分をあきらめることができません。
神様、もう一度、自分を信じる力を与えてください。
思いは届くはずだと、たとえ出会えなくても
たった一人でもと、信じることができた情熱を
私に取り戻させてください。

行けとおっしゃるあなたの声をもっと強く聞けるように。
もし間違っていても、止まるよりはましです
それでたとえ倒れても、頭はあなたの方を向いていたいのです。

posted by プリスキラ at 01:25| ホノルル ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

人生の先輩

先日、「ニュービジョンセミナー」なるものに
参加させていただきました。

私は普段、統一教会の「青年部」というところに所属しているのですが
この日のセミナーは、壮年部がメインの対象だったようで、
20代〜30代の人もいたけど
私の親の世代の方と一緒に、講義を受けました。

内容は、統一思想の骨格の、その芯と申しますか

神が人とをつくった、という前提のもと
(その論拠もあるけれど、この日は省略されてましたね)

なぜ、神は人をつくったのか。
なぜ、人は神から離れたのか。
どうしたら、人は神に帰れるのか。
この3本柱でした。

基本のき、的なことだから、
目新しいってことはありませんでしたが
とても感動しました。

先生はもう40年、この道を歩まれている方でした。
文先生(お父様)の近くで教えを受けた方でもあります。
「文先生はこうおしゃってましたよ」って、
たくさんのエピソードや直接の言葉を教えてくださって

会ったことのないお父様の横顔、
文字や公式の「教え」からでは見えない、人となり
そういう、お父様の香りをたくさん感じました。

また、長い人生がにじみ出るというか
重み、温かみ、ご自分を育んでこられた情で
私がまだ持ちえていない、人間としての「情」が
足らないところが、埋められていくのを感じました。
満たされて、安らかな気持ちになりました。

お父様を直接知る人も、機会も、これからどんどん減るでしょう。
やはり、そういう先輩がお元気で活躍してくれるのは
とってもありがたいことですし、
こういう機会にはたくさん参加したいな、と思いました。

(余談ですが、場所も食事も時間割も、「修練」っていうより「サロン」って感じで、その意味でもオトナな雰囲気でしたわ〜。これならうちの親も呼びたい、と思いました)


posted by プリスキラ at 22:46| ホノルル ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

徳野会長の辞任について

統一教会の会長をしておられた徳野会長が、
教会員が特定商取引法に違反して逮捕されたことなどを受け
会長を辞任なさいました。

一般的にみれば。

教会と、逮捕された社員を出した会社と関係がないのならば
なぜ、教会のトップにいた人間が責任を取る必要があるのか
理解できない面があるだろうと思います。
責任とってやめる、ってことは、つまり
教会が関わっていた証拠ではないのか。

「組織的に関わっていた事実はない」と
それが本当だとしても。
不行き届きであったことは認めたってことですね。

けれど、統一教会の信仰をもっている立場からみれば

「ああ、祭物になられたんだな…我々の、私のために」って。思う。
どんなに小さな者、幼い者、取るに足らない者、罪ある者も
すべて救う道を残すために
最も尊い方が犠牲になられた。

教会にだって、間違いもあれば事情もありそれは世の中と一緒。
教会という「組織」が絶対正しいなんて、残念ながら私は思っていません。
でも。神様とお父様とみことばは正しい。
世界と人類を救いたいっていう動機も信じるに値する。
だから教会も愛そう、と、決めました。

少し前に、徳野会長が我々の教会に来られてお話されました。
色々と教会についての悪い報道があったあとで、
「私は、新しい人やこれから来るであろう人も心配だけれど
それよりも、今いる食口(シック・教会員のこと)を
守りたいんですよ」と、おっしゃいました。

末端にいる私からは
一番先頭で受けている向かい風の強さは、想像もできません。
会長をおやめになったのは、
逃げたからでも仕方なくでもなく
ただ、私と、そしてお父様を守ろうとしてくれたからだと、
私は知っています。それが、我々の責任者です。

お父様のお気持ちはどんなだろう。
徳野会長のお気持ちはどんなだろう。
それを思うから
つないでもらった自分のいのちをもって
神様に喜んでもらえる生き方を、また、努力していきたいと思います。

いろいろあったけど、統一教会っていいんじゃない?って
世の中の人にも思ってもらえるように。

posted by プリスキラ at 01:41| ホノルル ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。