2009年10月15日

母の愛

私は、母とはあんまりなかよくありませんでした。
愛情はわかるんだけど、独りよがりなところがけっこう
娘としては苦しくて。

しかし。
母の運転する車の助手席にのる事がよくあったんですが、
ブレーキをかける時、必ず母は左手を
私の前あたりにかざしました。

急ブレーキでもないし、シートベルトもしてるし、
実際、助手席の人間の体が浮くような衝撃があったなら
運転手が片手でカバーできるわけないんだから
現実的には、あんまり意味ないんだけどさあ。

それでも、いちいち、私を守ろうとする、
無意識の母の仕草なんですよね。

たとえ自覚はしてなくても
人間には、神様の心のかけらがやっぱり埋まっているんだなと

苦手だった母の、屈服せざるを得ない行動から
そう、感じました。
だからきっと、誰でもそうなんじゃないかとおもうの。
あなたも、私も、と。
posted by プリスキラ at 01:41| ホノルル ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。