2009年10月25日

どのようにしたら
あなたの前に犯した罪を
認めることができるのだろうか

罪があるゆえに痛む心 だから
慰めてくれとあなたに
言う事はことはできない。

「罪が門口で待ち伏せています」
聞きながら エデンの門を出た
闇にゆけば 自分の影を見なくてすむ。

「アダム アダム どこにおるや」
聞くまでもなく 見えているんだろう
そう思って返事をしなかった
…尋ねるあなたの痛みは 
後になって 少しわかった。

「もし罪がないのなら 顔を上げればよいでしょう」
言葉が矢となって 私は地面に釘打たれる

やっぱり罪があるので 顔を伏せるしかないのです
そう思っていたけれど

もし 今 あなたを見つめかえすことができたら
世界はかわるだろうか

幸せになりたい。 

posted by プリスキラ at 01:52| ホノルル ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

死ぬときどうなるか

私はよく霊さんたちに かかられ ます。
特に霊感があるとかではないと思いますが、
どうやら、霊媒体質とかいう類ではあるのかな。
入ってきて、私の心と体の器官を使って
自分たちの感情や感覚を再現させて、また出てく。

自分がPCで、CDとかDVDとか再生する感じ。
映像の時もあれば音、というか言葉の時もある
データ重過ぎるとPC固まったりとか

まあ、そんなんでたまに知らない人の人生垣間見ちゃうんですけど
結構「死に際」の場面が多いんですよねー。

また、私の場合、かかられるとたいてい
体が硬直したり、とにかく息ができなくて苦しいことが多い。
肺とかのどとかが、動かなくなる感じなんですよねー。

なんだろうな?と思ってましたが、
この前、はた、と思いつきました。
何で死のうが、結局一番最後って、
呼吸が止まって死ぬんだわ、と。
どんなに穏やかにみえても、意識がなさそうでも
心肺が停止してほんとに死ぬまでは、
どうやら酸欠?で苦しい時間があるのではないか。

しょうがないよねー
産道抜けてくる赤ちゃんが苦しいのと一緒でしょう。
(文先生もそういっておられるし)
そういう意味では、失血死は先に脳が死ぬだろうから
ちょっとは楽かな?痛くない失血があるかどうか知りませんが。

夜中に何考えてるんだろう…笑
posted by プリスキラ at 02:19| ホノルル ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

母の愛

私は、母とはあんまりなかよくありませんでした。
愛情はわかるんだけど、独りよがりなところがけっこう
娘としては苦しくて。

しかし。
母の運転する車の助手席にのる事がよくあったんですが、
ブレーキをかける時、必ず母は左手を
私の前あたりにかざしました。

急ブレーキでもないし、シートベルトもしてるし、
実際、助手席の人間の体が浮くような衝撃があったなら
運転手が片手でカバーできるわけないんだから
現実的には、あんまり意味ないんだけどさあ。

それでも、いちいち、私を守ろうとする、
無意識の母の仕草なんですよね。

たとえ自覚はしてなくても
人間には、神様の心のかけらがやっぱり埋まっているんだなと

苦手だった母の、屈服せざるを得ない行動から
そう、感じました。
だからきっと、誰でもそうなんじゃないかとおもうの。
あなたも、私も、と。
posted by プリスキラ at 01:41| ホノルル ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。